妊婦・妊娠中の食事ガイド妊娠中は避ける食べ物>妊婦の飲酒・お酒は絶対にNG?

妊婦(妊娠中)の飲酒・お酒は絶対にNG?少量ならOK?

お酒(アルコール)は基本的に胎児に悪影響を与える形となります。胎児性アルコール症候群と言われる発達障害・行動障害・学習障害を引き起こすリスクがあります。そのため、基本的にはお勧めしません。原則として禁酒すべきです。

スポンサードリンク

お酒(アルコール)が与える胎児への悪影響

お酒を飲むこと(飲酒)が胎児に対して悪影響を与えるというのは広く知られていることかと思います。その悪影響としては「胎児性アルコール症候群」が挙げられます。

胎児性アルコール症候群とは

妊娠中の飲酒に伴うアルコールによって赤ちゃんの発達障害、行動障害、学習障害などの障害が生じること。胎児の脳の発達においてアルコールが悪影響を与えると言われている。妊婦が飲酒することでアルコールが血液を通じて胎児にも流れることが要因。

胎児性アルコール症候群の安全圏はあるの?

専門家によって意見は分かれています。昔は大量の飲酒がNGで少量なら問題ないとも言われていましたが、少量の飲酒でも障害が発生したという報告があります。

週に1杯程度(ビールグラス1杯程度)ならOKといった調査もされているようですが、確実なことはわからないといえます。

 

ただし、この胎児性アルコール症候群はアルコールが原因の障害ですから、お酒を飲まなければ予防することができる障害です。

 

ですから、妊娠中にお酒を飲んでも大丈夫か?と問われれば、出来ることなら飲まないに越したことはないとしかアドバイスできません。最近では色々なノンアルコール飲料もあるので、そうしたものも活用しましょう。

 

料理酒は大丈夫なの?

料理酒を含めて、料理にお酒を利用する場合は加熱によってアルコール分が飛ぶので問題ありません。ただし、アルコールがのこるような調理法の場合は別です。

 

妊娠に気付かずに飲酒してしまった場合

これはしょうがないところがあります。
多くの方が同じように経験しています。ただし、妊娠を望んでいる方や子供を作ろうと考えている方は普段から飲酒に対して気を付けておくこと大切かと思います。

 

過ぎたことを悔やんでもしょうがないです。

 

マタニティハーブティー