妊婦・妊娠中の食事ガイド妊娠中は避ける食べ物>妊婦は避けたい水銀が含まれる恐れがある大型魚(マグロなど)

妊婦は避けたい水銀が含まれる恐れがある大型魚(マグロなど)

妊娠中は栄養のためにも魚などを積極的取るべきと言われています。しかしながら、近年は魚介類からの水銀摂取が胎児に対して影響を与えるという注意喚起がなされています。特に水銀を比較的多く含むマグロやキンメダイなどは特に妊娠中期以降は控えるようにしましょう。

スポンサードリンク

妊婦や赤ちゃんにも良い「魚」ですが、ちょっと注意が必要

魚は良質なたんぱく質やDHA、EPA、カルシウムなど妊娠中にも必要な様々な栄養を含んでいます。健康的な食生活を送る上で妊婦さんにとってもとっても良い食品です。
(参考:DHA:ドコサヘキサエン酸
(参考:EPA:エイコサペンタエン酸

 

マグロやカツオなどの大型魚は、食物連鎖による生態濃縮によって体内に水銀を貯めています。

普通の人は水銀を摂取しても徐々に体から排出されるようになっているので日常的なレベルでの水銀摂取が問題になることはありません。

しかしながら妊婦さんは摂取した水銀は胎盤を通じて胎児もわたります。胎児はこの取り込んだ水銀を体の外に排出することができません。そのため、妊娠中に水銀を摂取することによって赤ちゃん悪影響を及ぼす可能性があるのです。

 

ただし、絶対に食べてはいけないというわけではありません。
摂取量に注意をしようという話です。

特に注意の必要のないお魚を中心とした献立作りもおすすめです。

 

摂取をなるだけ控えるべきお魚

キダイ、マカジキ、ユメカサゴ、ミナミマグロ(インドマグロ)、ヨシキリザメ。イシイルカ、キンメダイ、ツチクジラ、メカジキ、クロマグロ、メバチ、エッシュウバイガイ、マッコウクジラ、コビレゴンドウ、バンドウイルカ

 

水銀が赤ちゃんに与える悪栄養

通常の魚などを通じて水銀を多く摂取した場合、音を聞いた時の反応が1/1000秒以下のレベルで遅れる可能性があるなどと言われています。

 

マタニティハーブティー