妊婦・妊娠中の食事ガイド妊娠中は避ける食べ物>妊婦(妊娠中)は食中毒(リステリア菌)に注意しよう

妊婦が注意したい「リステリア菌」とその予防

妊娠中の食中毒は胎盤を通じて胎児にも感染する可能性があります。また、妊娠中は全体的な抵抗力も落ちているので食中毒にかかりやすい状態です。清潔な日本では食中毒を甘く考えがちです。妊娠中は普段以上に食中毒に注意をしましょう。

スポンサードリンク

妊婦が注意したい「リステリア菌」とその予防

ナチュラルチーズ、パテ、生ハム、スモークサーモンといったいわゆる「パーティー料理」に多い食中毒菌が「リステリア菌」です。妊婦はこのリステリア菌に感染しやすく胎児に悪影響を与える可能性があります。こうした食品は避けましょう。

 

塩分にも強く、低温化でも繁殖しますが、加熱には弱い菌です。普通の健康な人なら気にする必要はないのですが、妊娠中(妊婦)の場合、その感染リスクが二十倍ほどに高まると言われています。また、感染すると母体だけではなく、赤ちゃん(胎児)に対しても悪影響が出ると言われています。

具体的には流産、早産、死産、新生児疾患等のリスクが高まると言われています。

 

そのため、食事の際は冷蔵庫を過信せずに、しっかりと加熱調理して食べるようにしましょう。厚生労働省が推奨する加熱の目安としては中心部分の温度が75度で1分間以上ということです。


ただし、生ハムやスモークサーモンなどの食品は基本的に加熱せずに食べるものですから、感染のリスクが高いといえます。

こうした食事は食べなければ死ぬというものではないので、妊娠中は控えるようにするのが無難といえるでしょう

 

ちなみに、刺身などについてもリステリア菌のリスクはあります(新鮮なものであればリスクは低いですが、冷蔵庫などで保存されていたものはリスクが高まります)。リステリア菌は臭いや味などへの影響が無いため、分かりにくい菌です。

 

マタニティハーブティー