妊婦・妊娠中の食事ガイド妊娠中は避ける食べ物>妊婦さん、妊娠中に禁忌のハーブティー

妊婦さん、妊娠中に禁忌のハーブティー

最近はコーヒーなどの飲みの物代替として「ハーブティー」を妊娠中に飲まれる方が多いようです。ハーブには機能性が高く、妊娠中に良いものもありますが、中には早産を引き起こすような禁忌とされるハーブも多く存在しています。ご注意ください。

スポンサードリンク

妊娠中は気をつけたい、摂取を控えたいハーブ

妊娠中に注意するべきハーブについては、専門家の間でも意見が分かれているケースもあります。以下は参考:ハーブティー辞典(佐々木 薫:著)で妊婦さんが注意するべきと書かれていたハーブの一覧です。

 

・アグリモニー
・アシュワガンダ
・アニスシード
・アンゼリカルート
・エキナセア
・キャットニップ
・ゴツコーラ(妊娠初期は避ける)
・コルツフット
・サフラワー
・シナモン(大量摂取は避ける)
・セントジョンズワート
・ソウパルメット
・ターメリック
・タイム
・チェストツリー
・チコリ(大量摂取は避ける)
・ネトル(大量摂取は避ける)
・バードックルート
・バーベイン
・バジル(大量摂取は避ける)
・バレリアン
・ヒソップ
・フィバーフュー
・フェヌグリーク
・フェンネル
・ブラックコホシュ
・マテ
・ラズベリーリーフ(妊娠初期は避ける。後期は逆に積極的に取りたい)
・リコリス
・レッドクローバー
・レディスマントル
・レモングラス
・ローズマリー(連続した長期利用は避ける)

 

 

意外とたくさんありますね。全部が絶対にダメ!少量でもダメ!というものではありませんが、危険性が指摘されているものもあります。

 

 

安全にハーブを楽しむために

妊娠中に安全にハーブティーやハーブ生活を楽しみたいという方は、専門店などで確認するのも良いでしょうし、妊婦さん向けに開発されたハーブティーのブレンド商品もありますのでそういったものを活用するのも良いかと思います。

 

色々、妊娠中はストレスもたまることが多いかとは思いますが、ハーブティーなどを楽しむ時間を上手に取り入れてストレスの解消を図ってください。

 

マタニティハーブティー