妊婦・妊娠中の食事ガイド>妊娠中は避ける食べ物、飲み物、食事の取り方

妊娠中はNG?避ける食べ物、飲み物、食事の取り方

妊娠中にはできるだけ避けた方がよい食べ物や飲み物があります。いずれも絶対にNGというわけではなく、少量だったら問題ないというケースもあります。気にしすぎたら何も食べられないということになりかねませんが、知識として抑えておくことは重要かと思います。

スポンサードリンク

妊娠中は避けたい食べ物・飲み物

妊娠中の摂取をできるだけ控えたい食べ物を紹介します。
実は意外な食品が妊娠中はNGとされる場合があります。特にレバーなどは昔は妊婦は積極的に食べるべきと言われていましたが、最近ではできれば控えるべきと言われています。

このように妊娠中の食生活・食事についても最新の情報を入手しましょう。

 

  1. 妊婦に良いと言われるレバーは避けるべき?
    妊婦によいとされる「レバー」ですが、実は避けるべき食べ物の一つでもあります。レバーは妊婦に不足しがちな鉄分が豊富な食品ですが、動物性ビタミンAの過剰摂取につながる恐れがあるのです。
  2. 妊娠中のスパイスは過剰摂取に注意
    スパイスの中には体を温めてくれたり健康効果が豊富なものもありますが、一部のスパイスは子宮の収縮を促進するものもあり、妊娠初期には控えるべきものもあります。少量ら影響は少ないですが、スパイシーなカレーなどはできれば控えましょう。
  3. コーヒーなどに含まれる「カフェイン」の過剰摂取に注意
    コーヒーや紅茶には「カフェイン」が含まれており、多くの妊婦さんはこれが良くないものということは御存じかと思います。カフェインを取り過ぎると流産等のリスクが増大すると言われています。
  4. 妊婦(妊娠中)は食中毒(リステリア菌)に注意しよう
    ナチュラルチーズ、パテ、生ハム、スモークサーモンといったいわゆる「パーティー料理」に多い食中毒菌が「リステリア菌」です。妊婦はこのリステリア菌に感染しやすく胎児に悪影響を与える可能性があります。こうした食品は避けましょう。
  5. 妊婦(妊娠中)の飲酒・お酒は絶対にNG?少量ならOK?
    お酒(アルコール)は基本的に胎児に悪影響を与える形となります。胎児性アルコール症候群と言われる発達障害・行動障害・学習障害を引き起こすリスクがあります。そのため、基本的にはお勧めしません。原則として禁酒すべきです。
  6. 妊婦は避けたい水銀が含まれる恐れがある大型魚(マグロなど)
    マグロやキンメダイなどの大型魚は、生態濃縮によって体内に水銀を貯めています。通常であれば影響は少ないのですが、妊婦さんは摂取した水銀を胎児に悪影響を及ぼす可能性があります。控えましょう。
  7. 妊婦さんに禁忌のハーブティー
    最近はコーヒーなどの飲みの物代替として「ハーブティー」を妊娠中に飲まれる方が多いようです。ハーブには機能性が高く、妊娠中に良いものもありますが、中には早産を引き起こすような禁忌とされるハーブも多く存在しています。ご注意ください。
  8. ・炭水化物メインの食事は太りやすいので控える
    手軽に済ませられるし食べやすい、うどんやパスタなどの食事は炭水化物がメインになりがち。太りやすい妊娠中はダメとは言いませんが、食べる量を控えるようにしましょう。

 

マタニティハーブティー