妊婦・妊娠中の食事ガイド妊婦の食生活の改善>妊娠中、夕食は7時までには食べ終わる

妊娠中、夕食は7時までには食べ終わる

できれば夕食は夜7時には食べ終わるというのが理想です。仕事などの都合でどうしても遅くなるという方は「就寝の4時間前」をルールにして過ごすようにしましょう。御主人の帰りを待つという方も多いようですが、待たずに食べるようにするのがお勧めです。デザート類も7時以降はNGとしましょう。

スポンサードリンク

夕食は旦那さんを待たない

特に主婦のようにある程度、夕食の時間をコントロールできるのであれば、夕食は7時までに食べ終わりましょう。ご主人の帰りが遅いからといって妊娠中は先に食べてしまいましょう。

 

就寝の4時間前以降は食事をしない

妊娠中の体重増加」のページでも説明しましたが、妊婦の体重増加(肥満)は妊婦さん自身の健康にはもちろん、赤ちゃんにもあまり良い影響はありません。

そのため、妊娠中は特に、太りやすい行動はするべきではありません。

 

そうした中、生活習慣面で肥満を抑えるための行動として「就寝の4時間前以降は食事をしない」と言うものが挙げられます。夕食はもちろんですが、デザートなども控えましょう。

 

 

仕事などで遅くなってしまう人へ

7時までに夕食とは言っても、仕事などでどうしても遅くなってしまうと言う方も多いかと思います。そういう方はどうしたらいいのでしょうか?

 

  1. 1)夕方に軽食を取る
    本夕食が遅くなる場合は夕方に軽く食事をとりましょう。腹もちの効く炭水化物などを多少とっておきます。
  2. 2)遅い時間の夕食は主食メインで
    その上で、遅くに取る夕食の量は減らします。炭水化物はなるべく取らないようにして、野菜やおかずを中心とした食事。あるいは消化のされやすい食事をとるようにしましょう。

夕食が遅くなった時はなるべく、この様な形で胃や体に負担をかけない食事の取り方を心がけましょう。

 

マタニティハーブティー