妊婦・妊娠中の食事ガイド妊婦の食事と栄養の基本>妊娠中の食事と体重増加・肥満

妊娠中の食事と体重増加・肥満

肥満は高血圧や妊娠中毒症、難産などの原因となりますので、妊娠中の体重増加は歓迎されるものではありません。理想体重から10kg程度までが太ってよい限度といえるでしょう。

スポンサードリンク

妊婦はいくらでも太っていいというのは昔の話

昔は妊婦の体重は増えても問題ない。
という意見が大勢を占めていた時期もありましたが、今はそれは間違いだとされています。

 

適正な体重増加は非妊娠時から10kg増程度が上限です。
さらに、この増加分は「理想体重から」または現在の体重のいずれか軽い方という条件つきです。理想体重は身長から計算することができます。

 

145cm:46.7kg
150cm:50kg
155cm:53.3kg
160cm:56.8kg
165cm:60.4kg

 

とされます。たとえば身長が150cmの方は50kgが理想体重となりますので、ここからプラス10kgの60kgが出産前の上限体重となります。ただし、この方の体重が妊娠時45kgであれば55kgまでとなります。
逆に、妊娠前の体重が55kgであれば、太ってよいのは5kgまでということになり、赤ちゃんの体重を考えると母体はダイエットをしなければいけないということになります。

※厳密ではありません。体重については医師との相談の上決めてください。

 

妊婦の肥満(太り過ぎ)はなぜ良くないの?

妊婦が肥満になるとなにが良くないのでしょうか?

それは、妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)のリスクや巨大児、帝王切開率の上昇を始めとして妊婦さん自身の健康や産まれてくる赤ちゃんにとっても問題があるからです。

 

栄養はしっかり取って、カロリーは抑える

多くの方にとって、妊娠は体重増加と戦うことになるでしょう。
妊娠中は普段の1割~2割以上は多くの栄養が赤ちゃんの成長のためにも必要と言われています。
付加栄養量

 

その一方で、栄養を取ろうとたくさん食べ過ぎるとカロリーオーバーとなってしまいます。
妊娠中の食生活は量よりも質。
少ない量でもたくさんの栄養を摂取できるように気をつけましょう。

 

妊娠中にお勧めの食べ物については「妊娠中にとりたい食べ物、飲み物」のページでもまとめています。ぜひご参照くださいませ。

 

マタニティハーブティー