妊婦が積極的に取りたい「鉄分」

妊娠中は鉄分が不足しがちです。鉄分は食品から摂取するしか方法が無いので日々の食生活に積極的に取り入れます。また、他の食品等で鉄分の吸収をよくできるような工夫も必要です。

スポンサードリンク

妊婦の多くが陥る貧血(鉄欠乏性貧血)

女性は妊娠の有無にかかわらず生理などの関係で貧血気味ですが、妊娠すると貧血となる割合はさらに高くなります。妊娠をして赤ちゃんが成長すると、胎児や胎盤などにも地を巡らせる為に血液の総量はおおよそ3割程度増えるのです。

 

その時、血液の元となる「鉄分」の絶対量が不足して血液が薄くなってしまい貧血となるのです。妊婦の貧血の多くはこの鉄分不足が現にとなる「鉄欠乏性貧血」と呼ばれるものです。

 

ちなみに、1日の目安となる鉄分の摂取量は成人で1日当たり「12mg」とされています。しかしながら、妊娠中や授乳中は「栄養付加量」として+8mgの摂取が求められています。
一般的な女性の多くが貧血気味(鉄欠乏気味)ということを考えると、通常よりさらに多くの鉄分を摂取しようと思うと、妊娠中や授乳中はかなり意識して鉄分をとることを考えないと厳しいという状況になります。

 

妊婦が貧血になるとどうなる?

出産時の出血が止まりにくくなる他、貧血は体力を低下させる為にお産が長引くといったマイナスの影響が挙げられます。

 

鉄分を積極的に摂取するためには?

まず、鉄分は大きく「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」に分類することができます。
このうち、体への吸収がよいのはヘム鉄の方です。以下は鉄分が多く含まれる食材です。

 

・レバー
・卵黄
・小魚
・内臓
・魚卵など

 

上記のように比較的、高カロリーな食品にヘム鉄は多く含まれます。レバーなども少量なら良いですがたくさんとるとビタミンAの過剰摂取となり妊婦さんは控えるべきとも言われています。
(参考:妊婦に良いとされるレバーは避けるべき?

 

 

動物性の鉄分は取りにくいということになると、植物で摂取する必要が出てきますが、植物に含まれる鉄分は非ヘム鉄となり、その分たくさん摂取しなければなりません。
ただ、妊婦さんは全体的に野菜をたくさんとることが求められますので、植物で摂取することを考えても良いでしょう。

 

・ひじき
・ノリ
・小麦胚芽
・納豆などの大豆製品
・小松菜

 

ビタミンCと一緒に食べるようにすると吸収率がアップします。小松菜にはビタミンCが豊富なので小松菜はお勧めです。

 

サプリメントを活用するのも手

普段はサプリメントは使わないという方も妊娠時期だけは検討しても良いかも知れません。同じく妊娠のタイミングで必要となる「葉酸」に加えて、鉄分が含まれるサプリメントなどもあるので、これらもぜひ検討してみましょう。

 

・ベルタ葉酸サプリ
妊娠を望む方に求められる葉酸に加えて、妊娠中に不足しやすい鉄分やカルシウムなどをバランス良く配合した葉酸サプリメント。
>>ベルタ葉酸サプリの公式ホームページ

 

・美的ヌーボ

葉酸400μgを配合しており、その他27種類のビタミンとミネラルがバランス良く配合されており、妊娠中や産後にもおすすめです。
>>美的ヌーボの公式ホームページ

 

正直言って、通常でも不足する鉄分を普段の食事にちょっと気を付ける程度で摂取し続けるというのは難しいです。サプリメントは嫌いという方も多いかとは思いますが、妊娠中・授乳中の必要量が多い時期だけでサプリメントを活用するということは決して悪いことではないと思います。

 

マタニティハーブティー