妊娠中のカルシウムの重要性と多く含む食品

カルシウムは妊娠中にお腹の赤ちゃんの骨や歯を形成するために必要です。カルシウムは胎盤を通じて赤ちゃんに与えられることになります。そのため、妊娠中、授乳中は必要なカルシウム量が通常よりも増えます。

スポンサードリンク

カルシウムとは?

カルシウムとは、人が生存するために外部から摂取することが必要なミネラルの一つです。この名前や役割を全く知らないという人はいないのではないでしょうか?

 

人の骨や歯はカルシウムでできています。摂取が減少するとイライラしやすくなるほか、発育障害、骨粗しょう症などの病気の原因ともなります。妊娠中は冒頭でも説明したとおり、通常時よりもより沢山のカルシウムを摂取する必要があります。
参考:カルシウムの健康・美容効果、食品

 

しかも、このカルシウムは成人は1日600mgの摂取が理想とされていますが、多くの日本人はこの目標摂取量をクリアできていません。

さらに、妊娠中は+300mgの摂取が「栄養付加量」とされており、かなり意図的にカルシウムを摂取しないと厳しいという状況になります(ちなみに授乳中は+500mg!)

 

妊娠中にカルシウムを沢山取るために!

前述の通り、妊娠中・授乳中は相当意図的に「カルシウムをとること」を考えないと目標量を摂取することはできません。

 

・牛乳
・チーズ(ただし「リステリア菌」の理由で妊婦中はNG)
・ヨーグルト
・干しエビ
・煮干し
・切干大根

 

などにカルシウムが豊富に含まれていると言われています。中でも妊婦にお勧めなのは吸収が良いとされる「牛乳」や便秘がちな妊婦に食物繊維が豊富な「切干大根」などがお勧めです。

 

 

カルシウムの吸収率を高める「マグネシウム」も一緒に

カルシウムを吸収しやすくする作用があるやマグネシウムも一緒にとりましょう。
マグネシウムは海藻類やナッツ類などに多く含まれています。

 

 

マタニティハーブティー