妊婦・妊娠中の食事ガイド>妊娠中に取りたい食べ物、飲み物

妊娠中に取りたい食べ物、飲み物

妊娠中にこそ積極的に取り入れたい食べ物や飲み物などをまとめていきます。上手に活用して妊娠生活を楽しく過ごしましょう。

スポンサードリンク

普段の食生活に良い食べ物を取り入れよう

妊娠中は注意して意識的に食べたい、取り入れたい食事やメニュー、栄養素などを紹介していきます。

  1. 妊娠前から取りたい「葉酸」
    「葉酸」という栄養成分を御存じでしょうか?葉酸は妊娠前から妊娠を望む人すべてがとるべき栄養と言われています。日常の食生活では不足しやすい栄養成分なので積極的に取り入れる機会を作るようにしましょう。
  2. 妊婦が積極的に取りたい「鉄分」
    妊娠中は鉄分が不足しがちです。鉄分は食品から摂取するしか方法が無いので日々の食生活に積極的に取り入れます。また、他の食品等で鉄分の吸収をよくできるような工夫も必要です。
  3. 妊娠中のカルシウムの重要性と多く含む食品
    カルシウムは妊娠中にお腹の赤ちゃんの骨や歯を形成するために必要です。カルシウムは胎盤を通じて赤ちゃんに与えられることになります。そのため、妊娠中、授乳中は必要なカルシウム量が通常よりも増えます。
  4. 妊娠中は便秘になる。食物繊維を摂取しよう
    妊娠中(特に、妊娠後期)は便秘になりがちな時期です。また、下痢に対しても配慮が必要となります。食物繊維を上手に食べ物や飲み物などで取り入れていくことで妊娠中の便秘や下痢を予防しましょう。
  5. 水は超重要。妊婦に必要な水分補給
    妊娠すると脂肪が増えて赤ちゃんの分もあり、代謝が活発化します。そうなると妊娠中はいつもよりも多くの水分が必要になります。普段よりも多く、そしてこまめな水分補給を心がけましょう。
  6. 妊娠前・妊娠中のお茶はノンカフェインの「ルイボスティー」がお勧め
    妊娠前(妊活中)の方や妊娠中のママにとってカフェインはあまりお勧めできません。しかしながら、コーヒーはもちろん、緑茶やウーロン茶、紅茶にもカフェインは含まれます。そこで日常的飲むお茶をノンカフェインタイプに変えましょう。中でもルイボスは老化防止などにも効果がありお勧めです。
  7. ビタミン・ミネラル豊富な緑黄色野菜は妊娠中しっかり食べよう
    緑黄色野菜は基本的に妊婦かそうでないかにかかわらず摂取したい食品であることはお分かりかと思いますが、特に栄養付加量が発生する妊娠中には意識的に摂取することを心がけたい食品です。
  8. カロリー制限に役立つキノコ類
    最近の妊娠生活では太ってはいけないというのがキーワードになりつつあります。どうしても太りやすい妊娠中のカロリーセーブに役立つのがキノコ類。食物繊維も豊富なので便秘解消にも役立ちます。
  9. 出産前に「ラズベリーリーフ」で安産
    妊娠後期におすすめのハーブがあります。それは「ラズベリーリーフ」。安産のお茶と呼ばれるこのハーブはヨーロッパの産科で今も処方されています。子宮収縮を促進させてお産を楽にしてくれると言われています。また、出産後の母体回復と母乳の量を増やす効果もあると言われています。

 

 

マタニティハーブティー